中文繁體サイト

プラセンタのフローレス化粧品

プラセンタのフローレス化粧品TOP

医療機関でだけ提供されるヒトプラセンタ

ヒトプラセンタは、人間の胎盤という臓器を使って作られた「薬」です。

国内のあらゆるプラセンタ製品の中で、薬とされているのはヒトプラセンタだけで、薬である以上、
効能や効果が明確にされています。

ヒトプラセンタの効能・効果は、更年期障害や乳汁分泌不全、肝障害などの改善とされており、
こうした体の不調を訴える人のために処方されるのです。
また、これらの疾患でプラセンタ製剤を利用する時は、保険の利用が可能です。

効能・効果には書かれていませんが、滋養強壮や美容目的にも効果があると考えられるため、
取り扱いのある病院で、医師の処方を受けて使用する人もいます。滋養強壮や美容目的では保険適用はできません。

プラセンタの効能や効果が広く認知されている現代、ヒトプラセンタを取り扱う医療機関も増えています。
更年期障害や乳汁分泌不全の治療を行う産婦人科、肝臓疾患を扱う内科以外にも、皮膚科や美容皮膚科、
心療内科などでも扱うクリニックがあります。

臓器同様の取り扱いが求められるヒト胎盤

馬や豚など人の体に近いとされて効果が期待できるプラセンタと異なり、
ヒトプラセンタだけが薬として医療機関で扱われるのは、ヒトプラセンタならではの事情があります。
ヒトプラセンタの原料はそもそも胎盤という組織ですから、献血や臓器移植と同じくらいの慎重さで扱わないといけないこと、
また、クロイツフェルト・ヤコブ病という狂牛病に似た不治の病に感染する可能性が否定できないことなどがその理由です。

主なヒトプラセンタ製剤には、錠剤やカプセルなどの経口薬と、注射や点滴で投与されるアンプル剤があります。
注射の場合は消化器官の影響を受けずに直接体内に入るため、効果も高いがリスクも大きいと考えられており、
ヒトプラセンタの注射を受けた場合は献血や臓器提供ができなくなります。

ヒトプラセンタの化粧品利用は禁止

ヒトプラセンタの利用方法は、効果を得ようとする目的によって異なります。
重い更年期障害や肝疾患の場合、初期には週に数回と頻度を多く投与し、体内で安定してから少しずつ量を減らして、
定期的な投与に切り替えていくという方法が採用されています。

一方、美容目的や健康増進、疲労回復などに用いる場合は、いきなり大量に投与せず、
様子を見ながら少しずつ増減していく場合が多いようです。

注射の場合は即効性があるものの、通常は2~3日で体内から薬が排出され、効果が感じられなくなってしまいます。
そのため、短期的な目的では注射、日頃は薬を利用するなどの使い分けをされることもあります。

ヒトプラセンタは、美容目的の化粧品としては、
医療機関であっても製造・提供してはならない規則になっています。


そのため、美容目的でヒトプラセンタを使う場合も、顔などにピンポイントの効果を期待するのは難しく、
あくまでも全身の状態に働きかけて顔や肌の改善を目指すことになります。
この場合、体内に取り入れたプラセンタのために食欲が増進することがあるため
「肌はきれいになったけど太ってしまった」という新たな悩みが発生してしまう人もいます。

使われなければ医療廃棄物となってしまう胎盤

それでは、ヒトプラセンタの原料となる胎盤は、どこから仕入れているのでしょうか。
一般的に胎盤は、出産費用の一部として妊婦さんが胎盤処理料を支払って医療廃棄物として処理されますが、
ヒトプラセンタ製剤を提供している国内の2つのメーカーは、日本国内の産婦人科で満期に出産した健康なお母さんから、
事前に同意を得た上で胎盤を入手していると説明しています。
ヒト胎盤は原料の段階でHIVなど5種類のウイルスやヤコブ病の検査が行われ、
安全を確認できたものだけが製品に使われます。

近年は少子化の影響で生まれる子供の数が少なく、健康なヒト胎盤の入手は難しくなっているそうです。

最先端の再生医療で求められる「臍帯(サイタイ)」の力

産婦人科の中には、胎盤と胎児をつないでいる「臍帯(サイタイ:へその緒のこと)」についても
妊婦さんから提供を受けている病院もあります。
臍帯血とは、造血幹細胞という特別な細胞が豊富に含まれた血液で、
造血幹細胞は体の中でさまざまな細胞に変化する能力を持っています。
近年の研究では、造血幹細胞は血液を作り出すだけでなく、
筋肉や皮膚、臓器までを作る力があるのではないかと考えられている優れた細胞です。

この貴重な造血幹細胞を活用するため、出産時に提供を受けた臍帯から血液を採り出して冷凍保存し、
白血病や再生不良貧血、重度の免疫疾患の患者に移植する仕組みがあります。
公的な臍帯血バンクとして日本赤十字社などがその役割を担っており、
産婦人科との提携により妊婦さんに臍帯の提供を求めているというわけです。

ちなみに、出産時に切り落としたへその緒は、乾燥させて桐の箱にしまい、
赤ちゃんが体調を崩した時に煎じて飲ませると回復すると古くから伝えられてきました。
今では出産の記念品のようになっているへその緒(臍帯)ですが、実は大変貴重であり力のある成分が含まれていると、
昔の人は経験的に知っていたのでしょう。

「プラセンタについて」一覧

母の滴 商品ラインナップ