効果もリスクも強いからこそ、医療で使われる

上手に使いこなせば美容と健康に効果大のプラセンタ。
ドリンクやサプリメント、注射やスキンケア化粧品などさまざまな方法で取り入れることができます。
中でも効果が強いことで定評のあるのが、プラセンタ注射。
サプリメントのように胃腸で消化されず、化粧品のように皮膚のバリアに阻まれることなく、
ダイレクトに体の中に入っていきます。そのため効果も強く、肝障害や更年期障害、乳汁分泌不全などの治療として、
健康保険も利用できるほどの結果を出しているのです。

効きめが強い理由のもう一つは、注射で用いられるプラセンタ製剤は、 ヒト胎盤が原料のヒトプラセンタであること。
母となった女性のおなかの中にあった胎盤から抽出されたプラセンタを、
さらに注射でダイレクトに体内に入れるのですから、素材と手法の両方で「最強」と言えるかもしれません。

効果が強ければ良いこと尽くめ・・・というわけでもなくて、強いだけにリスクも高いもの。
効果が出過ぎてホルモンに異常をきたしてしまったり、
体に合わない場合は強いアレルギー反応を起こしてしまったりと、体に大きな負担をかけることになってしまいます。
医療の現場で使われるヒトプラセンタやプラセンタ注射は、気軽に試せるものではないことも覚えておきましょう。

プラセンタ注射ならではの効能・効果

プラセンタ注射は、新陳代謝を活発にして疲労を回復する、生理の不調を改善する、
皮膚や内臓の調子を整える、血流を良くするなど、医療ならではの顕著な効果がうたわれています。
その効果の強さから医療の現場で使われているプラセンタ注射ですが、
実は効果そのものはサプリメントなどとあまり変わりません。

安全性を高めるため、医学的な効能・効果があるとまでは言えない程度に品質を調整しているのがサプリメントだからです。

また、プラセンタ注射は筋肉に打つ場合と皮下に打つ場合で、効果のあらわれ方や投与量などが異なってきます。
筋肉は毛細血管の多い場所ですので、筋肉注射にすると多くの量を吸収できるため、効果が早く体内に行き届きます。
皮下注射の場合は一度に多くを吸収できませんので、筋肉注射ほどの効果はないとされています。

いずれの場合も体内に長くとどまることなく吸収・分解し、
代謝されてしまう間に体に働きかけるということになります。ですから、
プラセンタ注射は定期的に接種しに通わないと、効果が薄れてきてしまうのです。

プラセンタ注射リスクとは

プラセンタ注射で考えられる危険は、大きく分けて2つあります。
ひとつは成分によるもの、もう一つは効果によるものです。
プラセンタ注射の成分的なリスクは、原料がヒトプラセンタであることです。
ヒトプラセンタの注射経験があると、献血ができなくなってしまうことはご存知ですか。
では、どうして献血ができなくなってしまうのでしょうか。

変異型クロイツフェルト・ヤコブ病という病名を聞いたことがある方もいるかも知れませんが、
この病気は牛における狂牛病と同様、脳がスポンジ状になってしまうことで、意識障害や運動失調、痴呆になり、
死に至る病です。この病気は輸血や臓器移植ともに、ヒトの胎盤成分からも伝染する可能性があると、理論上考えられています。
そのため、平成18年10月から厚生労働省はプラセンタ注射の経験がある人の献血をお断りすることになったのです。

ただし、実際にプラセンタ注射で変異型クロイツフェルト・ヤコブ病に罹患した人はこれまでいません。
このような病気になる可能性はきわめてまれですが、注射の場合は効果が出過ぎることもリスクと言えるかもしれません。
代謝が活発になり、エネルギーの消耗が増えて血流がよくなるのは良いのですが、それだけに食欲が増進して太ってしまったり、
ホルモンの働きが活発になって体が丸みを帯びてきたりするケースもよく聞かれます。

美容効果も高いだけに、費用も高くなりがち

最後に、プラセンタ注射のコストを考えてみましょう。
医療として健康保険が使えるのは特定の疾患だけですが、この場合は数百円代から利用できるクリニックもあるようです。
ただし、疾患について診断が下りていることが条件となりますので、美容目的での保険利用は難しいと言えるでしょう。
また、保険が使える場合でも、注射にはアンプル数など1回(1単位)ごとに利用できる量が決まっています。
それ以上の量を打ってほしい場合や保険が利用できない場合は、割増しになります。
健康保険が利用できない場合、1回の料金は2000円~5000円程度までさまざまで、
クリニックごとに料金設定が異なります。


さらに、開始時は週に数回、維持期でも週に1度くらい注射をしないと、体内で安定して作用できなくなるので、
毎月の出費としては意外と大きくなってしまいます。
サプリメントと異なり、注射の場合は自分自身の日々の体調を確認しながら増減することができないので、
注射直後は効果の強さに喜んでも、
効果が下がることで次第に元気やハリがなくなって不安になっていく…

そのために依存的になってしまうケースもあるようです。

「プラセンタについて」一覧