中文繁體サイト

プラセンタのフローレス化粧品

プラセンタのフローレス化粧品TOP

プラセンタの副作用で太るってホント?

「プラセンタ注射をしたら太った」「サプリメントを飲み始めたら顔が丸くなった」……そんな話を聞いたことがありませんか?
その理由として「細胞成長因子で脂肪細胞が大きくなったり、細胞増殖因子のせいで脂肪細胞が増えたから」
と言われる場合があります。
お肌のふっくら感を増すプラセンタの効果から、そんなふうにイメージされてしまうのかもしれませんね。
でも、そうじゃないんです。

プラセンタの副作用で太ってしまうという事態の本当の理由は、実は食欲にあります。
胎盤の中に含まれているIGFという成長因子は、血糖値に影響を及ぼすインシュリンと関係しているため、
プラセンタを体内に取り入れることによって食欲が増してしまうと考えられています。
わかりやすく説明すると「赤ちゃんに栄養を渡すために、お母さんは食べなさい」という命令にかかわっているのがIGF。
そのため、確かに妊娠中は太りやすくなっています。

ですから、妊娠をしていない人がプラセンタを摂取する時は、いつも以上に食べ過ぎに気をつけ、しっかり運動もしましょう。
そうすれば、体はスリムなのにお肌はふっくらという、理想のルックスを作ることができますよ。

プラセンタの副作用で、にきびができる?

30歳以下の若い世代を中心に「プラセンタを使うようになってからニキビが増えた」「肌が脂っぽくなった気がする」
という嘆き?が聞かれることがあります。

性ホルモンの働きの中に、皮脂の分泌を盛んにするというものがあります。
しっとり・つやつやなお肌を作るために欠かせない機能ですが、若い世代では過剰になり過ぎると、
肌がテカテカと脂っぽく、ニキビができやすくなってしまいます。

ただし、プラセンタそのものはホルモンではありません。
ホルモン前駆体、あるいはホルモン様物質の働きによって、
体内でいろいろなホルモンに変化したり、性ホルモンを刺激する役割を果たします。


ところが、若い世代や皮脂分泌の多いタイプの人の場合、プラセンタをとることによってますます皮脂が多く分泌されて、
お肌はテカテカ、ニキビができやすくなるというわけなのです。

また、ニキビは本来、皮脂そのものというよりは、毛穴や汗腺などが汚れて詰まってしまうことが原因で起こります。
脂性肌でニキビが気になる方がプラセンタを利用する時は、いつも以上にお肌を清潔に保つよう心がけてくださいね。

プラセンタで月経が重くなる、子宮筋腫が大きくなる?

前述したようにプラセンタそのものはホルモンではありませんが、ホルモンを刺激するという効果があります。
また、性ホルモンの前駆体として働く場合もあるため、女性ホルモン様に働けば子宮筋腫が大きくなる可能性も高まります。
一方、逆に男性ホルモン様に働いた場合は、過剰になっている女性ホルモンとのバランスが取りやすくなるのではないか
とも考えられています。そのため、子宮筋腫の人がプラセンタを利用した結果、筋腫が大きくなったという経験談や、
逆に小さくなったという経験談の両方が聞かれるというわけです。

また、生理の際の出血量が増えたという話も聞かれることがある一方、生理痛が軽くなったという経験談も散見します。
そもそも、医療用のヒトプラセンタは更年期障害の治療にも使われるほど効果の高いもの。
ヒトプラセンタ以外の動物性プラセンタについても、ホルモンに対して何らかの影響を及ぼす可能性は否定できません。
ホルモンに対する感受性は人それぞれなので、
感じやすいタイプの人は少しの量でも大きな影響を受けてしまう場合もあると考えられます。


大切なのは、日頃から自分の体の変化に気づくよう心がけ、無理をしないことです。
プラセンタを使い始めたけれど、かえって調子が良くないと感じたら、量を減らしたり、一時中断したりするなどして
様子を見るようにしましょう。

プラセンタでアレルギーになってしまった!?

細胞成長因子以外にも、体にとって役に立つたくさんの栄養成分が含まれているプラセンタ。
なかでも豊富なアミノ酸は、サプリメントだけでなく化粧品としてもすぐれた保湿効果を発揮しています 。

しかし、アミノ酸はたんぱく質の一つの形態ですので、
人によってはアレルギーの原因となってしまう場合もあります。

症状としてはかゆみが出たり、発赤、発疹や、激しい症状の場合は発熱してしまうこともあります。
これはプラセンタの副作用というよりは、通常のアレルギー反応です。

アミノ酸やたんぱく質が原因のアレルギーでは、原料となっている動植物の影響も考えられますので、
例えば「豚プラセンタではアレルギーになったけど、馬や羊ではならなかった」という場合もあります。

いずれにしても、アレルギーと思われる反応が起きたら、無理な継続は禁物。
一時的な好転反応と思い込んでがまんして使い続けると、症状が悪化する可能性もあります。

プラセンタに限らずどんなサプリメントや化粧品でも、使っていて「つらい」と感じたら、いったん中止する勇気も大切です。

「プラセンタについて」一覧

母の滴 商品ラインナップ