「プラセンタ」だけを詰めました。

母の滴のプラセンタサプリメントでは、
1日あたり200mg~400mg位の摂取をお勧めしています。
もちろんそれ以上でも構いません。そのために、


母の滴では、カプセルの中身は
プラセンタとサイタイのみしか入っていません。


しかしプラセンタサプリメントといっても、
他の安価な成分を混ぜて製品化しているものもあります。

プラセンタの効果を実感するには

プラセンタサプリメントで使用されるカプセルは
「ハードカプセル」と「ソフトカプセル」の2種類。

ソフトカプセルの内容物は粉末のみでは加工できないので、
液状油脂(固体成分+液状成分)を配合する必要があります。


ということは、固体成分の配合可能量が少なくなってしまいますので、
必然的に同量の固体成分であるプラセンタを摂取しようとすれば、
1回の摂取粒数が多くなってしまいます。

馬プラセンタとサイタイのみが入った
母の滴 プラセンタEXはこちらから

プラセンタと同時に何かの油脂成分を摂取したいという目的があるのであれば、
ソフトカプセルは便利なカプセルと言えますが、

純粋にプラセンタのみを摂取したいのであれば
固体成分であるプラセンタ粉末のみを詰め込める
ハードカプセルが良いと考えます。