医師監修記事
プラセンタ注射について <これだけは知っておきたい!プラセンタ注射のメリット・デメリット>
効果もリスクも強いからこそ、
医療で使われる

上手に使いこなせば美容と健康に効果大のプラセンタ。
ドリンクやサプリメント、注射やスキンケア化粧品などさまざまな方法で取り入れることができます。

中でも効果が強いことで定評のあるのが、
プラセンタ注射。

サプリメントのように胃腸で消化されず、化粧品のように皮膚のバリアに阻まれることなく、
ダイレクトに体の中に入っていきます。そのため効果も強く、肝障害や更年期障害、乳汁分泌不全などの治療として、
健康保険も利用できるほどの結果を出しているのです。

効きめが強い理由のもう一つは、注射で用いられるプラセンタ製剤は、 ヒト胎盤が原料のヒトプラセンタであること。
母となった女性のおなかの中にあった胎盤から抽出されたプラセンタを、
さらに注射でダイレクトに体内に入れるのですから、素材と手法の両方で「最強」と言えるかもしれません。

プラセンタ注射ならではの効能・効果

プラセンタ注射は、新陳代謝を活発にして疲労を回復する、生理の不調を改善する、
皮膚や内臓の調子を整える、血流を良くするなど、医療ならではの顕著な効果がうたわれています。

プラセンタ注射リスクとは

プラセンタ注射で考えられる危険は、大きく分けて2つあります。
ひとつは成分によるもの、もう一つは効果によるものです。
プラセンタ注射の成分的なリスクは、原料がヒトプラセンタであることです。

ヒトプラセンタの注射経験があると、献血ができなくなってしまうことはご存知ですか。
では、どうして献血ができなくなってしまうのでしょうか。

これまでヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射薬の使用により、
vCJD(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)の感染事例は報告されていません。
しかし、ヒト由来の臓器から製造されており、念のための措置として献血はできないのです。
また、現段階での対象は注射薬のみとなり、健康食品(サプリメント・ドリンク剤)、化粧品、内服薬等は含みません。

この記事を監修した医師

玉城有紀先生

玉城 有紀 先生
溝の口駅前皮膚科 医院長

帝京大学医学部卒業、日本医科大学武蔵小杉病院卒後、臨床研修センター研修医。
東京女子医科大学皮膚科学教室入局し、町田市民病院皮膚科勤務。
平成24年皮膚科専門医取得、平成26年溝の口駅前皮膚科を開院。